スロットマジシャン

IoT研修

IoT(Internet of Things)技術を用いると、現実世界の状態や動きのデータを分析して、その結果を現実世界で活用することができます。
また、IoT技術でデータ化した生体情報を本人確認に利用することで、多くの人々が容易にかつ安全にDXシステムを利用できるようになります。
現実世界の新しい顧客体験を提供するために、IoT技術が改めて注目されています。

  • DXに必要な現実世界の事象・情報を、人が介在することなくデータ化し、仮想空間に送信可能
  • 仮想世界で収集・蓄積・分析した結果を、現実世界にフィードバックすることが可能

NECマネジメントパートナーの研修メニューには、このIoTを実践的に身に付けることができるコースを用意しております。

■「ゼロから始めるIoT入門」コース お薦めポイント

IoTの全体像を理解するのに最適な入門コースです。 IoTを理解することでDXにおける現実世界の課題解決にも役立ちます。

  • IoTの基礎知識、IoTアーキテクチャー、活用方法について概要を修得します。
  • IoT活用演習は実機ではなく、シミュレータを用いるので、手元に機材がなくても受講することができます。
  • プログラミング言語は Python を利用しますが、最低限必要な説明は講義中に行うので、誰でも受講できます。

■「作りながら学ぶIoT -Raspberry Pi編-」コース お薦めポイント

IoTによる現実世界の課題解決方法を理解するのに最適な基礎コースです。現実世界のDXにはIoT技術は欠かせません。
現場の価値検証でも用いられるRaspberry Piを用いて、IoTの活用方法を理解することができます。

  • 現実世界の課題解決を行うエンジニアの方はもちろん、IoTの仕組みを実際のハードウェアを用いて学びたい方にお勧めのコースです。
  • ハードウェアを使用して、IoT制御の開発、開発したアプリとクラウドとの連携を体験します。
  • IoTセンサーの制御やクラウド連携をするために、Raspberry Piというマイクロコンピューターと専用の制御ボードに実装したものを使用します。
    電子回路の知識がない方でも、配線などを意識せずにIoTを実体験することができます。
  • 本研修の最後には、学んだ内容を用いて、テーマに沿ったIoTシステムを作る総合演習を行います。現実世界の課題をIoTの技術で解決することを実感することができます

関連研修

IoTによる現実世界の情報収集手段として、生体認証が活用されることもあります。
生体認証については、以下の研修をご利用ください。

お問い合わせ

NECマネジメントパートナー 人材開発サービス事業部
e-mail:dx@educ.jp.nec.com

ページの先頭へ戻る