スロットマジシャン

PMS(Project Management Specialist)資格

資格概要

PMS資格は、「特定非営利活動法人 日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)」が認定する日本国内の資格です。
 様々な業種での事業責任者や管理者に受験者が多く、IT業界をはじめとし製造業界全般で活用されています。

PMS資格はPMAJが用意する3種類の資格のうちの一つであり、ITスキル標準レベル4(高度な知識技能)として、IPA・PM育成ハンドブックに記載されています。

◆PMS資格のお勧めポイント

PMS資格では、「改訂3版P2Mガイドブックに記載されているプロジェクトおよびプログラムマネジメントに関する知識」が問われ(2022年4月時点)、150分で100問の試験をCBT形式(Computer Based Test)・四者択一で解き、合否の判定が行われます。

ですが、PMP(R)資格や情報処理技術者試験(プロジェクトマネージャ)を持っている方は、一部の試験が免除されており、PMSプログラム試験を合格すればPMS資格の認定を受けることができます。

PMSプログラム試験では、「改訂3版P2Mに記載されているプログラムマネジメントに関する知識」のみが問われ(2022年4月時点)、75分で50問の試験をCBT形式(Compute Based Test)・四者択一形式で解き、合否の判定が行われます。

試験名試験形式受験条件
PMS試験四者択一、150分、100問なし(誰でも受験可能)
PMSプログラム試験四者択一、75分、50問PMC資格登録者、もしくは
受験要領に定めるPM関連資格者(情報処理技術者試験・プロジェクトマネージャ、PMP®資格有効者など)

ご注意
改訂3版P2Mガイドブックは更新の動きがある様です。更新前後には試験内容、実施面の変更があるかもしれませんので、詳細は特定非営利活動法人 日本プロジェクトマネジメント協会にお問い合わせください。

◆当社の関連コース

資格名称対応コース(詳細・申込へ)PDUContact
Hours
PMS資格 ●P2M概論 66

※P2M概論は、PMS試験、PMSプログラム試験で問われる「改訂3版P2Mガイドブック」を概説するコースです。

資格詳細情報の入手先

特定非営利活動法人 日本プロジェクトマネジメント協会のホームページ

PMS試験について

PMSプログラム試験について

ページの先頭へ戻る